各級の概要

3級概要

3級
料理検定3級は食への関心が高い一般の人々を対象にしています。
検定問題では家庭料理でよく使われる食材や調理法などについて基本的な知識が身についているかどうかが問われます。

出題範囲

料理部門 料理部門では、家庭料理などでなじみのある料理を中心に出題します。検定問題は、その調理法や食材、語源などの食文化について基本的な知識を問うものです。
日本料理 肉じゃがやブリ大根、茶碗蒸しなど定番の家庭料理を中心に出題します。だしの引き方や包丁仕事、米の研ぎ方などの基礎知識についての問題もあります。
西洋料理 ハンバーグやパスタ、ビーフステーキなど、内食、外食を問わず一般によく知られており、家庭でも作られることの多い料理を中心に出題します。
中国料理 麻婆豆腐やエビのチリソースなど、中国料理店で人気のメニューを出題します。
食材部門 食材部門では、私たちが普段よく購入する食材、調味料、加工品に関する基本的知識を問う問題が出題の中心です。
食育など 食育、飲料、食文化などについての基本的な知識を問う問題を出題します。

2級概要

2級
料理検定2級は食への関心がより高い一般の人々を対象にしています。
検定問題では日本・西洋・中国及びアジアの各料理でよく使われる食材や調理法について、さらに深い知識を問うだけでなく、料理の文化的知識なども出題されます。

出題範囲

料理部門 料理部門ではそれぞれの料理分野でなじみのある、または聞いたことがある料理を中心に出題します。検定問題は、その調理法や食材、語源などの食文化について、より深い知識を問うものです。
日本料理 魚のおろし方、材料の切り方などを含む日本料理の調理法について出題します。日本料理用語の語源や文化的な知識を問う問題もあります。
西洋料理 フランス料理、イタリア料理を中心に基本的な知識を問います。デザートやワイン、料理の語源なども含まれます。
中国料理 中国料理では、よく知られた焼売、担担麺から宴席料理まで、外食で出会う料理についての知識を問います。また、中国料理のマナーやお茶についても出題の範囲です。
食材部門 食材部門では、私たちが普段よく購入する食材(野菜、キノコ、果物、魚介類、肉類、加工品、調味料)に関する知識を問う問題が中心です。

1級概要

1級
料理検定1級は、食についての専門的な知識を問うものです。
日本・西洋・中国の各料理で使われる食材や調理法についてだけでなく、料理の文化的知識なども出題されます。

出題範囲

料理部門 料理部門では、各料理分野の調理法や用語、語源や由来、歴史的・文化的背景に関する知識などを問います。それぞれの国の地方料理も出題の範囲です。
日本料理 日本料理の調理法、用語、語源や由来、文化的背景など専門知識について幅広く出題します。地方料理についての問題もあります。
西洋料理 フランス、イタリア、スペインを中心に、西洋料理の調理法、用語、語源や由来、文化的背景など専門知識について幅広く出題します。
中国料理 中国料理で使われる乾物、調理法、語源や由来、文化的背景など専門知識について幅広く出題します。地方料理についての問題もあります。
食材部門 食材部門では、私たちが普段よく購入する食材(野菜、キノコ、果物、魚介類、肉類、加工品、調味料)に関する専門的な知識を問う問題が中心です。

特典いろいろ団体受検 合格者特典 受検者の声 FAQ

資料請求
メールマガジン
モバイルサイト
菓子検定

facebook twitter