辻調理師専門学校 料理検定・菓子検定総合サイト

料理検定 料理検定

HOME > 料理検定
ABOUT

料理検定って?

料理検定は、あなたの料理の知恵や
知識を測る検定です。
食材、調理法、道具、そして食文化についての
知識を問います。

知識を得ると、食を楽しむ力や選ぶ力がつきます。
いま関心の高まっている「食育」も、
決して難しいことではなく、
足もとの食を見直すことから始まります。
楽しく健康的な食生活で、人生を楽しく、
人生をより豊かに。
もっと深く、もっと身近に料理がもつ
素晴らしさを知ってほしい。

そんな思いから「料理検定」はスタートしました。

合格者の皆さんに「料理検定を受験しようと思ったきっかけ」を聞いてみました 合格者の皆さんに「料理検定を受験しようと思ったきっかけ」を聞いてみました

  • 大学受験、高校受験を控えている孫たちに勉強頑張れという声を掛けるより、私も勉強している姿を垣間見せた方がいいかも知れないという思いで受検しました。

    千葉県 / 主婦

  • 伊・仏料理を作っています。昨年3級合格、2級不合格だったので、今年2級と1級を受検しました。2級は大丈夫と思いますが、1級は難しかったです。検定の勉強を通して、サービスのとき、お客様への対応の仕方も変わりそうだし、作るときも理由が分かるのでそこは役に立つと思います。

    大阪府 / イタリア・フランス料理人

  • 先輩たちが受検しているのを見ていたので自分も受検して1級に合格したいと思いました。知らなかったこともあり、検定を通じてたくさん学ぶこともありました。食材のこともたくさん学べたので就職してからも役に立つと思います。

    三重県 / 高校生

  • 料理をつくることに興味があり、普段から料理やお菓子を作っています。色々な料理のサイトを見ていて料理検定のことを知って受検しようと思いました。

    大阪府 / 中学生

GRADE

各級の概要

3級

肉じゃがや
ハンバーグ、エビチリ。
おうちごはんを
もっとおいしく!

料理検定3級は食への関心が高い一般の人々を対象にしています。
検定問題では家庭料理でよく使われる食材や調理法などについて基本的な知識が身についているかどうかが問われます。

料理部門

料理部門では、家庭料理などでなじみのある料理を中心に出題します。検定問題は、その調理法や食材、語源などの食文化について基本的な知識を問うものです。

日本料理

肉じゃがやブリ大根、茶碗蒸しなど定番の家庭料理を中心に出題します。だしの引き方や包丁仕事、米の研ぎ方などの基礎知識についての問題もあります。

西洋料理

ハンバーグやパスタ、ビーフステーキなど、内食、外食を問わず一般によく知られており、家庭でも作られることの多い料理を中心に出題します。

中国料理

麻婆豆腐やエビのチリソースなど、中国料理店で人気のメニューを出題します。

食材部門

食材部門では、私たちが普段よく購入する食材、調味料、加工品に関する基本的知識を問う問題が出題の中心です。

食育など

食育、飲料、食文化などについての基本的な知識を問う問題を出題します。

食品衛生・食品栄養

2級

フランス料理や中国料理、日本料理の調理法。
だからおいしいプロの技!

料理検定2級は食への関心がより高い一般の人々を対象にしています。
検定問題では日本・西洋・中国及びアジアの各料理でよく使われる食材や調理法について、さらに深い知識を問うだけでなく、料理の文化的知識なども出題されます。

料理部門

料理部門ではそれぞれの料理分野でなじみのある、または聞いたことがある料理を中心に出題します。検定問題は、その調理法や食材、語源などの食文化について、より深い知識を問うものです。

日本料理

魚のおろし方、材料の切り方などを含む日本料理の調理法について出題します。日本料理用語の語源や文化的な知識を問う問題もあります。

西洋料理

フランス料理、イタリア料理を中心に基本的な知識を問います。デザートやワイン、料理の語源なども含まれます。

中国料理

中国料理では、よく知られた焼売、担担麺から宴席料理まで、外食で出会う料理についての知識を問います。また、中国料理のマナーやお茶についても出題の範囲です。

食材部門

食材部門では、私たちが普段よく購入する食材(野菜、キノコ、果物、魚介類、肉類、加工品、調味料)に関する知識を問う問題が中心です。

食品衛生・食品栄養

1級

外国地方料理や
食文化・歴史的背景。
人に話したくなる
知識まで。

料理検定1級は、食についての専門的な知識を問うものです。
日本・西洋・中国の各料理で使われる食材や調理法についてだけでなく、料理の文化的知識なども出題されます。

料理部門

料理部門では、各料理分野の調理法や用語、語源や由来、歴史的・文化的背景に関する知識などを問います。それぞれの国の地方料理も出題の範囲です。

日本料理

日本料理の調理法、用語、語源や由来、文化的背景など専門知識について幅広く出題します。地方料理についての問題もあります。

西洋料理

フランス、イタリア、スペインを中心に、西洋料理の調理法、用語、語源や由来、文化的背景など専門知識について幅広く出題します。

中国料理

中国料理で使われる乾物、調理法、語源や由来、文化的背景など専門知識について幅広く出題します。地方料理についての問題もあります。

食材部門

食材部門では、私たちが普段よく購入する食材(野菜、キノコ、果物、魚介類、肉類、加工品、調味料)に関する専門的な知識を問う問題が中心です。

合格者特典

料理検定に合格された方には「認定証」と「認定バッジ」をお送りします 料理検定に合格された方には「認定証」と「認定バッジ」をお送りします

「認定バッジ」には
"La gastronomie ne cesse d'évoluer"
という文が刻まれています。
これは「美食は常に進化し続けるものである」という
意味のフランス語。
合格者の皆さんに、もっと深く料理がもつ
すばらしさを知ってほしいという、
私たちの思いが込められています。

認定証

さらに2級以上の合格で、辻調理師専門学校の特待生選考も! さらに2級以上の合格で、辻調理師専門学校の特待生選考も!

OVERVIEW

試験概要

受検資格 特にありません。
受検時間 45分(3級)
60分(2級・1級)
出題範囲 公式アプリ又は、公式ブック「料理検定公式問題集&解説(評論社刊)」の内容を中心に出題されます。問題だけでなく解説も出題範囲となります。
※どの級からも受検できますが、上級の出題範囲には下級問題集からの出題が含まれることがあります。
 下級から順を追っての受検をおすすめいたします。
※問題集からの出題に加え、「食の衛生・栄養」に関する問題が5問程度追加されます。公式アプリではそちらの内容も網羅されています。
合格点 3級(満点100点):合格点70点
2級(満点100点):合格点70点
1級(満点100点):合格点80点 ※料理検定のみ
受検料金 3級(全50問):受検料1,000円
2級(全80問):受検料1,500円
1級(全80問):受検料2,000円 ※料理検定のみ
GUIDANCE

実施要項

料理検定では「団体受検」と「個人受検」を選択できます。
各受検によって試験方法が異なります。

試験方法
マークシート方式
学校や企業などで独自に会場を設けていただき、専用用紙にて受検いただく方法となります。
検定日・
検定時間
【団体受検会場 検定日】
2019年6月7日(金)または8日(土)[2019年12月実施予定]
※検定時間は各団体が設定した時間
※上記日程で時間設定は自由だが、各回各級1回のみの実施
会場 学校、会社など、独自に設けた会場(団体受検会場)で、利便よく受検ができます。
※事前の会場申請が必要な場合があります。(申し込み条件参照)
申込条件 (1)学校教育法に定める学校、各省庁所轄学校、官公庁及び株式上場企業、または上記団体
以外の場合は、「団体受検会場申請書」を提出し承認を受けた団体であること。
(2)適切な会場、また申し込み・運営をとりまとめ、「団体受検(団体受検会場)実施規定(※団体受検申し込み書に記載)」を遵守する運営責任者の確定。
(3)運営責任者及び問題取扱者は、申し込み年度の検定を受検できない。

団体受検(団体受検会場)実施規定
運営責任者は下記規程を遵守し厳正公平に検定を実施すること。運営責任者及び問題取扱者は受検できません。尚、これに反した場合に生ずる全ての責任は運営責任者に負っていただきます。

■所定の検定日及び所要時間(各級とも各会場1 回のみの実施とする)を厳守すること。
■適切な会場、監督員(運営責任者との兼任も可)を確保すること。
■監督員、運営責任者は受検できない。
■受取から返送まで適切に検定資材を保管・管理すること。
■事前に検定資材の確認をし、検定当日支障のないよう備えること。
■検定監督は厳正公平に行うこと。
■個人情報の取扱いには細心の注意を払い不正な利用をせず、漏洩なきよう管理すること。
■団体受検(団体受検会場)で知り得た情報を漏洩しないこと。
■本規程及び「団体受検会場マニュアル」を遵守すること。
■インターネットを含む検定問題の無断転写・転載を禁ずる(運営責任者・受検者共)。
■上記に反した場合、実施は無効となり、返金もされない。
申込
受付期間
2018年12月10日(月)~2019年4月30日(火)
※2019年12月実施予定。決まり次第、ご案内します。
試験方法
CBT方式
CBT(Computer Based Testing)方式は、日本全国約150箇所ある指定の会場に来場いただき、会場のコンピューターにて受検いただく方法となります。
検定日 2019年6月9日(日)〜7月7日(日)[2019年12月実施予定]
検定時間 来場いただく会場と受検日により異なります。
受検申込時に選択できます。
会場 全国約150箇所ある会場にて受検いただけます。
受検を希望される地域を選択してください。
申込
受付期間
2019年4月8日(月)~
※クレジットカード支払いの場合、受検希望日の1営業日前(土日除く)の17時まで申込可。
※コンビニ支払いの場合、受検希望日の4日前の17時まで申込可。
※2019年12月実施予定。決まり次第、ご案内します。
個人受検に申し込む

※お申込みは2019年4月8日(月)より受付が可能になります。

Q&A

よくあるご質問

公式問題集&解説は どこで手に入りますか。
全国主要書店にての販売のほか、 インターネットでもご購入いただけます。
インターネットにて購入をご希望の方はこちら
合格点は何点ですか?
3級・2級は70点、1級は80点です。
合格率はどれくらいですか。
申しわけございません。公表しておりません。
3級から順に受検しなければだめですか。
必ずしも3級から順でなくてもよいですが、出題範囲には下級の内容が含まれますので順を追っての勉強をおすすめいたします。
合格した場合、履歴書に書いても良いですか。
ご記入いただいても結構です。
合格した後に、登録料などが必要ですか。
必要ありません。
※認定証の再発行には再発行手数料が必要です。料理検定事務局に再発行依頼書をご請求ください。
※再発行までお時間を頂くことがあります。ご了承ください。
引越しなどで住所が変更予定です。申し込み時の登録はどうすればいいですか。
受検票送付希望の住所をご登録ください。
※既に申し込み済の場合は、速やかに「料理検定事務局」までご連絡ください。
  • App store
  • Google Play

※公式アプリのダウンロードはスマートフォンからご利用ください

料理検定の受検はこちら